上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンバーフランジの0リングを国内メーカーで探してみました。
自分が一番重要と思っているのは耐熱素材である事。
NOKで尋ねるとフッ素素材が一番耐熱性があるとの返答でした。
耐熱温度は220度です。

220度で大丈夫なのか?
Oリング抜きで使っていた銅色の液体パッキンの耐熱温度は400度ぐらいだったような気がします。
排気温度ををネットで調べると500度とか800度とか曖昧です。
400度の液体パッキンである程度大丈夫だったので、実際はそこまで上がらない?
実際の所はどうなんでしょう…。
Oリングの耐熱温度220度は不安が残る部分ではあります。
ですが大手メーカーがこれ以上の耐熱はないと言うのでしょうがないです。


ブログランキングに挑戦しています。
クリックして頂ければ、更新の励みになりますのでよろしくお願い致します。



... 続きを読む
スポンサーサイト

少し前にオーリンズが戻って来ました。
バイク屋の店長の検証は無事に終わったようです。
良いデーターが取れたとの連絡があったので良かったです。

ハミ出していた変な物質は綺麗に除去されてOリングが収まっています。
データー取り=Oリング仕様を等価交換にして貰いました。
どう考えても自分の方がかなり得しています。



ブログランキングに挑戦しています。
クリックして頂ければ、更新の励みになりますのでよろしくお願い致します。


... 続きを読む
かなり長くFC2ブログをやっているのですが…。
拍手して頂いた方からコメントがある事に初めて気が付きました。
全くノーリアクションで大変申し訳ありません。

自分から何もリアクションがなったので嫌な思いをされていたはずです。
逆の立場だったら「無視しやがって」と思います。
大変申し訳ありませんでした。

「お礼を書く」があったのですが、今更リアクションするのもアレなので…。
10年分を一括でご連絡するような形で大変申し訳ありません。
コメントを頂いたみなさん、本当にありがとうございました。

以前にもありましたが鍵付きコメントもそうです。
「見ましたよ」とか「判りました」とかのリアクションしたいのですが…。
相手は他の方に判らないように連絡して来ているし…。
どうリアクションするのが良いのか全く判りません。
結局は無視するような対応なって申し訳ないと思っております。

ダラダラとやっているブログにお付き合い頂きありがとうございます。
気が付けばリアクションは出来る限りでやっているつもりです。
ですが、ブログに関しては判らない事とか知らない事がたくさんあるので…。
失礼な事があったらすみません。


IMG_1680_convert_20170318202959.jpg
抜く時に無理をしたと言うか…。
リアサスを普通ではない外し方をした為です。

フレームに固定されていないアッパーブラケット。
固定されていない状態でリアサスのアッパーボルトを外しました。
ブラケットが回ってしまって無理をしてしまいました。

その結果がコレ…。
何か紙のようなゴムのような物質が出てきました。

店長に発送する前にその旨を相談をしたところ…。
「あー、アレね」って言う感じの返事でした。
オーリンズでは良くある事のようです。
「全部取って、Oリングを入れた方が動きが良くなるよ」
「借りたお礼にやっとくから」
修理をお願したかったので、ありがたいです。



ブログランキングに挑戦しています。
クリックして頂ければ、更新の励みになりますのでよろしくお願い致します。


... 続きを読む

落ち着いてやると外れました。
あの時は外れなかったのですが…。

取り合えず点検をしました。
ベアリングにガタ等は無くは問題なし。
カラーもグリスを薄く塗っているので問題なし。
外して点検する事は皆無の部品だと思います。

この付近を点検するなら、この部品が装着されるフレーム側を点検して下さい。
ガンマの持病でクラックが入る事があるようです。
自分はその兆候は全くありませんが…。
ハードな走行&長距離の使用で少しづつヤラれるのでしょう。
それとも強度不足?溶接の不具合?



ブログランキングに挑戦しています。
クリックして頂ければ、更新の励みになりますのでよろしくお願い致します。


... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。