098a_convert_20130403140952.jpg

取り合えずラジエターが付くには付きました。

アッパー側の固定は純正ステーを流用して問題ありません。

しかしアンダー側は…。
本来ならアンダーフレームにステーが付くと思うのですが…。
アンダーフレームはありません。

ラジエターホースが付けばある程度は固定出来ると思いますが…。
確かに不安要素ではあります。



ブログランキングに挑戦しています。
クリックして頂ければ、更新の励みになりますのでよろしくお願い致します。




098bc_convert_20130403141010.jpg

何とかならないかとラジエターとにらめっこしていると…。
ピン!と閃きました。

エンジンの可変排気バルブカバーと共締めすればステーを装着出来そうです。

右側は段差があって難しいですが左側なら出来そうです。

まずは材料探しです。
アルミ板なら加工はしやすいですが出来れば強度のあるステンレスがイイです。

店長の聞くと「材料ならその辺にあるよ、適当に使って」との事です。
ありがとうございます。

材料は用意出来ました。

まずはブリキ板をハサミで切って試作品を作ります。

試作品を装着してラジエターとエンジンの隙間に問題がない事を確認します。
そしてそれをステンレスの板に写します。

ベビーサンダーを使いましたがステンレスの1ミリ板はアルミと違って手ごわいです。
削っては冷やしての繰り返しで何とか完成しました。

ラジエターを揺すってみましたがエンジンには当たりません。

多分大丈夫だと思いますが問題があるようなら右側の装着も検討します。



ブログランキングに挑戦しています。
クリックして頂ければ、更新の励みになりますのでよろしくお願い致します。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rgv500.blog.fc2.com/tb.php/130-5131b05e