FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


表側のワッシャーとヒートボンド剥がして・・・。
計量カップに余ったFRP樹脂をそこに流し込みます。

この作業はマネはしないで下さい。
プロはこんな事は絶対にやらないと思います。

しかしながら、自分勝手なイメージ的には…。
自然に流し込む事で、この部分の表面を滑らかにしているような感じです。



ブログランキングに挑戦しています。
クリックして頂ければ、更新の励みになりますのでよろしくお願い致します。




img_639417_23601931_1_convert_20130427231352.jpg

完全に硬化したらボルト用の6ミリ穴を開けます。
ワッシャー穴の跡が微妙に残っているのでセンターが判りやすいです。



img_639417_23601931_2_convert_20130427231423.jpg

最後に裏側のハミ出たまま硬化したFRPを削って完成です。

そうそう、下手な修理を誤魔化す為に裏側はツヤ消し黒で塗らないといけません。

自作シートカウルの問題点!
1・細かいヒビがすぐに入る
2・裏側から見ると修正跡が見苦しい
3・一番の問題は異常に重たい

プロならもっと軽くて、しなやかで強いシートカウルになると思います。
同形状のシートカウルをプロに作って貰いたいですが…。
予算が無いので無理です。



ブログランキングに挑戦しています。
クリックして頂ければ、更新の励みになりますのでよろしくお願い致します。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rgv500.blog.fc2.com/tb.php/134-5dfdbe36
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。