104_convert_20130512182830.jpg

次にテールランプの製作に行ないます。

こちらは図面もなく、専門的な知識もなく…。
「取り敢えず何とかなる」と言う感じでやってみました。

最初にテールランプの基板の形取りを行ないます。
テールランプの電球側ベースの形を紙で取ります。
基板の穴を基準にしてこの紙を写してカットします。

事前にLEDの配列とCRDの配列は決めたので基板に仮組みしました。
一番悩むと思っていた配列は特に問題もなく想定通りに順調に進みました。



ブログランキングに挑戦しています。
クリックして頂ければ、更新の励みになりますのでよろしくお願い致します。




105_convert_20130512182855.jpg

しかし、別の事で非常に悩む事になりました。
自分の知識だと「LED自体は基盤から少し浮いている」しか見た事がありません。
LEDの端子には浮かせる為のストッパーが当然付いていると思っていましたが…。

届いたLEDを確認するとには基板から浮かせるようなストッパーが無いタイプでした。
2種類のLEDがあったのですが確認をしなかった自分のミスです

しょうがないのでLEDの下に細いスペーサーを入れて半田付けするつもりでした。
非常に手間のかかる作業になりそうです。

しかもLEDは光の直進性がかなり強いです。
キッチリ位置を決めないと光線がアッチコッチ向いて変になるかも知れません。

どうしようか悩んでいると…。
ネットでLEDを基盤に完全に接して製作されている方がおられました。

その方に連絡をすると「全く問題ないですよ」との返答がありました。
それで問題ないならラッキーです。
LED自体を基板と接触させれるなら光の直進性のズレが最小限になりそうです。

後はやる気と根気だけです。
初めてのLED基板の製作ですがイイ感じで出来上がったと思っています。



ブログランキングに挑戦しています。
クリックして頂ければ、更新の励みになりますのでよろしくお願い致します。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rgv500.blog.fc2.com/tb.php/139-4665f2d6