FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


当然ですがカバーを装着するにはシートカウル側に加工が必要になります。

まずは2センチ×5センチのFRP板を4枚作ります。
これをシートカウルカバーにガムテで仮付けしてシートカウルに合わせます。
シートカウル内側からマットクロスとFRP樹脂を使って4枚の板をFRPで接着させます。

文章力がないのでイマイチ判り難いです…。
ですが製作過程の画像を全く撮影していません。

画像が完成したシートカウルです。



ブログランキングに挑戦しています。
クリックして頂ければ、更新の励みになりますのでよろしくお願い致します。



116a_convert_20130801214532.jpg

ここで時間が少し戻ります。

シートカウルカバーを製作する前にシートカウルには加工をしていました。
これはカバーを装着する事を前提に行なっていません。
単純にこれだけは必要だと思って行ないました。

加工部分は2ヶ所の赤い所です。
下側はリアウィンカー等を装着出来るようにFRPでフタをしました。
左側は単純にメーカーが削り込み過ぎでフチが無く見栄えが悪かったので手直しをしました。

この加工はガラス板の上にシートカウルを置いて内側からマットとFRP樹脂で整形しています。
ガラス板の上に置いて加工する事で見える面を出来るだけ平面にしています。




116b.jpg

この加工の後に4ヶ所のシートカウルカバー取付部分を加工しました。
4ヶ所の取付部分はこれらの加工より一段上に接着されいます。
シートカウルとカバーとの面を出すので当然そうなります。




RIMG0613_convert_20130801213509.jpg

シートカウルカバーの固定にはウエルナットとトラスビスを使います。

一気に飛びますが、最終的に完成した画像がこれです。



ブログランキングに挑戦しています。
クリックして頂ければ、更新の励みになりますのでよろしくお願い致します。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rgv500.blog.fc2.com/tb.php/148-6758476e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。