FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
117_convert_20130825212933.jpg

もう一つのSP専用パーツのアンダーステムを装着します。
これもガンマ好きなら常識だと思いますがスタンダードが鉄製に対してSPはアルミ製です。
単品で持ち比べると重さの違いは歴然です。

ベアリングやレースに問題はなかったので単純に組み込むつもりでしたが…。
バラしたついでに以前から悩んでいた問題点の対策を行います。



ブログランキングに挑戦しています。
クリックして頂ければ、更新の励みになりますのでよろしくお願い致します。


RIMG0631_convert_20130811225301.jpg

問題と言うのは、ハンドルを目一杯に切った時にステムとラジエターが干渉します。

ラジエターを検討していた時にカウル内に収める事しか考えていませんでした。
何も考えていない素人の浅はかさで干渉が発生しました。
ですがラジエターはラバーマウントで走行中にそこまでハンドルが切れる事はありません。
干渉といっても若干なので見逃そうとも思いましたが…。

この際ですので対策を考えてみました。
まずはラジエターの取付位置変更を検討してみましたが…。
これだと取付ステーをワンオフしないといけなくなります。
非常に面倒な作業になります。

やっぱりラジエターを選び直す…なんて事は論外です。

他に良い解決策がないか色々と考えてみましたが…。
良い解決策が浮かびません。

色々と悩みましたがハンドルストッパーに制限をかける方法に決定しました。

一番お手軽な対処方法ですがステムのストッパー部分にボルトを打ち込む事にしました。
ハンドルの切れ角が少なくなる問題(自分的には結構問題?)がありますが…。



118_convert_20130825213010.jpg

うーん、ギリギリです。
出来るだけハンドル切れ角を残したかったのでボルトをギリギリまで短い物にしました。

これが良いのか悪いのか。
それは乗ってみてから考える事にします。



ブログランキングに挑戦しています。
クリックして頂ければ、更新の励みになりますのでよろしくお願い致します。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rgv500.blog.fc2.com/tb.php/150-32c49dd5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。