242_convert_20150129192630.jpg
最初は本来のギボシ接続に戻すつもりでした。
製作を行なって行くうちに、完成してもシートカウルを外す事は結構ありそうな気がしました。
それならカプラを使ってワンタッチで配線を外せる方が整備性は格段に良くなります。

暫定仕様のオスメスカプラの配線側にギボシ接続のままでも良いかなぁと思いましたが…。
ゴチャゴチャしているし配線が長過ぎるので再加工した方が良さそうです。
再加工するならダイレクトに配線を接続した方が見た目もスッキリして良いかもとも思いました。

どうしようか悩んだ結果、イイ所取りをしました。
車体側はメスカプラに配線をダイレクトでスッキリ。
シートカウル側は灯火類のトラブルを考えてギボシを残したままでギボシ接続のオスカプラ。


ブログランキングに挑戦しています。
クリックして頂ければ、更新の励みになりますのでよろしくお願い致します。



241_convert_20150129192619.jpg
メスカプラ用のオス端子を探しに近くのショップへ見に行きましたが…。
オスメスセットしかなくて、しかもボッタクリ価格…。
ボッタクリ価格で購入するのも悔しいので…。
作業は商品が届くまで出来ませんがネットでオス端子だけ購入しました。


240_convert_20150129192528.jpg
12Pカプラはかなり大きいカプラです。
スズキ四輪のオーディオ用カプラだったと思います。


240-1_convert_20150129192900.jpg

240-2_convert_20150129192920.jpg
よりスッキリする為にメスカプラをシートレースに固定する事にしました。
固定ボルト用の穴を開けるなら大きめのこのサイズが調度良かったです。
段差があったのでツライチを合わせる為にラバーシートも接着しました。


243_convert_20150129201239.jpg

243-1_convert_20150129192955.jpg
これでシートカウルを外す時に配線をワンタッチで外す事が出来ます。
見た目にも、今後の事も考えても、これが一番(ジコマン)だと思っています。


ブログランキングに挑戦しています。
クリックして頂ければ、更新の励みになりますのでよろしくお願い致します。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rgv500.blog.fc2.com/tb.php/206-2c2f07d9